スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲の上って・・・

雲の上って

小さな頃、あなたは雲の上に何があると思っていましたか?
私はホントに空には空の住人がいて、雨降らせてくれてるんだと思っていました。


雲1


次に成長した私は、今度は雲の上って、神殿があるんだと思ってました。
ギリシャ神話のせいかも?(^^;)

次に成長した私は雲の上には「おじいちゃんがいる」と思っていました。

大好きだった松山の祖父は私が15の時に亡くなりました。
本当に世界一孫に甘いおじいちゃんなんじゃないかと今でも思う位とっても優しい人で、
小さな私が「ジュニア・パイロット」というワッペンをつけて、
たった一人で飛行機に乗って松山に行った時も、いつも笑顔で迎えてくれ、
何でもお願いを叶えてくれる人でした。

一番ビックリしたのは、東京に帰る時、松山空港で搭乗手続き直前にバイバイの手を振ろうと、
くるりと振り向いた時、祖父は紙袋いっぱいのお土産をニッコリ私に差し出してくれたこと。
何かと思って袋の中身を見てみると、
それは、小さな私がさっきまでお土産屋さんで興味を持って、ほんのちょっと手に取って見ていたもの。

「ゆはやはこれが欲しいんだな。(^^)」と思ったのでしょう。
私が手に触れた物を全て片っ端から買ってくれていたのです!
本当にすごい人だと思いました。

いくつになっても女性は「理想の男性」について話し合う事がありますが、
たいていの女子が条件の一番に
「優しい人」とか「カッコイイ人」とか「お金持ちな人」とかをもってくる所ですが、
「ゆはやさんは?どんな男性が好きですか?(^o^)」と聞かれて、
「何でも言う事聞いてくれる人!私を自由にしてくれる人っ! (^0^)b 」と元気よく答えて、
周囲をシーン・・・・・・・(T▽T)(T▽T)(ToT)
とさせた事があります。・・・しかもそれはわりと最近。(^^;)

孫にとんでもなく甘かった祖父の影響大なカンジです。
これは一生治らないと思います。(笑)

「雲の上」とは、私にとって「大好きな祖父に会う所」であり、そこはとても大切な場所。
今でも飛行機に乗って雲の上にいる時間がとても大好きです。


あなたの思う雲の上には、どんな世界があるんだろう?


雲2   雲3




アクリル絵具・ラメ・フェルト

在庫1

スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。