スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作過程 2

こちらは「おそうざい屋さん」の制作作業風景

惣菜屋1

パン粘土でお肉を作ってます。

薄切り肉と豚の角煮を制作中。(--)b

惣菜屋2

この「お惣菜屋さん」のレンコン作りにハマりました。(^◇^)♪
爪楊枝でひた~すら、穴を作っていきます。
この作業楽しかったです。(笑)
左から、時計回りに

レンコン(本物でいうところの煮る前)
おむすび(ご飯粒つけ前)
コロッケ(衣つけ前)

この白いの・・
・・・( ̄□ ̄)・・なんだっけコレ・・?
・・大根煮物だったっけ?
↑と、まぁ、時間が経過すると自分で作っといて
「なんだコレ(..)?」みたいのが、どんどんストックされていきます。
何だか分からなくなっても取っておきます。必ず使う日がくるので大丈夫。(笑)

惣菜屋3


おむすびにご飯の粒々をつけました~。
角煮とレンコンが炊かれました~。

惣菜屋4

レイアウト考え中。(--;)やっぱりこの作業が一番時間かかるかも。
こういう事すると、「あぁでもない、こうでもない」と、お店や食品をディスプレイしている方達の苦労が分かります。
料理屋さんは、お料理をどのお皿に盛ったら美味しそうに見えるか考えている訳で・・
ミニチュアのお惣菜屋さんもそこ、考えないとっ!
美味しそうに盛れるといいなぁ・・。(^.^)
スポンサーサイト

「制作過程」

前回個展の時に皆様に「制作過程が見たい!(^o^)」と言われることがあるのですが
制作作業に入ってしまうと、とても作業に没頭してしまうのと、
絵具が携帯電話やカメラに付着してしまう事が多々あるので、
あんまり写真とらないんです・・(--;)>
今回はちょっと頑張って撮ってみました。(^^;)

砥部焼 1


皆さん普通に「焼き物」を想像されるみたいですが、これは焼いてません。(^^;)
強度はないのですが、「土粘土」が一番良い風合になるなぁと思ったので使っています。
粘土はすぐ乾燥してしまうので、一袋を一気に使いきるのがベスト。

①成型して陽の当たらない場所で乾燥に約5日~7日位。
②ニス塗りを2回して、少しでも強度を出し
③地塗りを2回

この作業中は電話やメール頂いても、手が粘土でドロドロなので出れません。(T▽T;)


砥部焼 2

うちにある「丼ぶり」と「小皿」と、大きさを比較してみました。
と言っても、私の作るミニチュアは、本物との大きさの比較がどうとか、
緻密に再現されているかとかあんまりこだわっていないんです。
そこにこだわりすぎると、「温もり」がなくなっちゃうから。
ミニチュアだからって、あんまり小さくしちゃったら、お年寄りの方が見るの大変になっちゃうし。
細かすぎもほどほどがいい。
適度に、適度に
自分の手の大きさで
作れる程度の大きさで(^^)

砥部焼 3

こんな感じで、どんどん絵付け。
私はこれを「一人流れ作業」と言ってます。(笑)

砥部焼 4

私の中では、これが一番時間がかかる作業。(><;)
レイアウトがいつも唸るところ。
何をどこに置くか、色は!?形は!?素材は!?
小物の配置を決めるのに2日~5日位かかっちゃいます。
置いては直し、置いては直しの繰り返し。
「一人流れ作業」なので
一気に出来上がります。
この「一気に仕上がっちゃったミニチュア」を
どこに収納したらよいものやら

・・・( ̄□ ̄)・・・・ ←遠い目(笑)

個展のお知らせ

和馬ゆはや 個展 ― Hug of the butterfly ―


個展

ごあいさつ

2010年、四国の愛媛県松山市の観光スポットでもある萬翠荘(ばんすいそう)の「結海(ゆうみ)展」と、東京都渋谷区のギャラリーコウゲツでの「クリスマス展」終了後すぐに、お客さまから
「今度個展はいつやるの!?」と、大変ありがたいお言葉をたくさん頂きました。

「うーん・・いつかねぇ・・(-.-)」などと、なかなか重い腰を上げずにいたら、
またもや業を煮やした。叔母が一言。「ギャラリーおさえといたからネッ(^o^)b ビシッ!!」

・・・∑( ̄■ ̄;)エェッ!←二度目。(笑)

作品もやっと見せられる位の量は出来たかな・・と言う訳で、お待たせ致しました。

わずか三日間ではありますが、個展「Hug of the butterfly」を開催致します。

会場は皆さまが足をお運びの際に迷子にならぬよう、前回と同じ恵比寿駅徒歩1分の
ギャラリーコウゲツです。

どうぞ皆様お誘い合わせの上ぜひ、ご高覧賜りますよう、よろしくお願いいたします。

会期 2013年12月6日(金)~8日(日)

6日(金)12:00~19:30 

7日(土)9:00~19:30  

8日(日)9:00~18:00  

※ 曜日により時間が異なりますご注意ください。

●会場 エビス・ギャラリーコウゲツ

〒150-0013 渋谷区恵比寿1-5-2 2階

電話03-3441-8421 

アクセス JR恵比寿駅西口改札出口徒歩1分

http://www.ko-getsu.co.jp/saiyo-joho.html

地図


✾ 作品紹介 ✾

油絵 クリスマスソープ ネックレス 絵はがき フラワーペン カップケーキオーナメント

桐箱小物入れ お年玉袋 グリーティングカード ガーラント がまぐちポーチ

ミニチュアshop 砥部焼きshop・陶器屋・ピザ屋・ケーキ屋・おそうざい屋・肉屋・魚屋

パン屋・漬物屋・クリスマスshop・コスメshop・シナモンロールshop・和菓子屋 など

布小物 キルトエリアラグ・ランチバッグ・巾着・幼稚園バック・靴入れ・ベビースタイ・A4書類収納手提げ

ティッシュケース・バッグインバッグ・女の子おでかけバッグ・ランチョンマット・洋梨型バッグ

リバーシブルグラニーバッグ・ブックカバ-・旅行用衣類ケース など

お弁当バッグ

今年のはじめに、小さなお弁当バッグを作りました。

お弁当バッグ


昨年末、忙しくてなかなか集中して物作りが出来なかったので、ストレスがたまりにたまり、
お正月休みに布を一気に切りだしました。
こうなるともう、布も10メートルとか一気になくなるので、
途中で足りなくなって買いに走ったりもしつつ。
70個くらい出来ました。

先日、とある知人から電話で「普段は何してるの?(^0^)」と聞かれたので
「絵を描いたり、縫物したりしています。(^^)」と答えたら
「そうなの~。そう言えば、ゆはやちゃんは絵を描いてたわよね。で、縫物では、どんな物を作ってるの?」
と言われたので
「えーと。小さなバッグを70個とか。よだれかれを100枚とか。ポーチを250個ぐらいとか。(^^)」
と言ったら知人、しばし絶句。
そして
「そんなに作ってどうするのーーーーっ! \(◎◎;)/」と叫ばれました。
は?どうする!?  Σ(T▽T;)えっ?
・・あっ。そうか。こんなことしてるって言ってなかったなぁ。
知人がビックリした事にビックリした私でした。

ちなみに、「そんなに作って大変じゃないのっ!?」とかよく言われますが、
好きな事だから別に大変ではないです。
むしろ、作品の置き場所を確保する方が大変。(--;)

最近、職場で新品ダンボールをいっぱいもらったので、ありがたく作品詰めては重ねて。詰めては重ねて。
現在またもや「何!?引越し!?」みたいな状態の我が家。(T▽T)

肉屋

肉屋を作りました~。

前回個展後に、いとこのお友達がミニチュア好きという事で、
うちに作品見学にやって来ました。
そこで15年位前に作った「肉屋」がちょうど出できたもので、
見せたところ、とても気に入ってくれ、「なぜ個展に出さなかったのですか!?」と聞かれました。

「もうとっても古いからボロボロだし、色も劣化してるから・・。(^^;)」と言ったのですが、
彼女は「そこがまたアンティーク風ですごくいいっ!出品した時は必ず言って下さい!私が買います!(^o^)」と。 Σ( ̄□ ̄;)
かなりの熱烈ラブコールだったものの、とにかく以前の物があまりにボロボロなので、
いかがなものか・・(--;)
という訳で、とりあえず新しいのも作ってみた。
こんな感じ。

クッキリ肉屋


「肉屋」は、作るのが簡単な初歩的ミニチュアだと思います。
今回の私のお気に入りポイントはこちら。「量り」

肉屋②クッキリ

こちらの量りは何で出来ているかと言うと・・

肉屋 資料 クッキリ

シャンパンのコルクを押さえる金具。
ハイッ!ここがポイントです!→ 飲んだら金具を取っておく!
そして、なければシャンパン飲むっ!!(笑)
うちの場合は姉がシャンパンを飲むので、飲んだら金具を持ってきてくれます。
ミニチュアは、本当に「小さな物を探す視点」で物を見る事がすごく大事。
例えば「菜箸」を5センチ位に切れば、そのまま「麺棒」になるとか
「透明の消しゴム」を切って「かんてん」や「ゼリー」として使うとか
イスの足にキズ防止ではめるキャップをワインクーラーにしたりとか
海の砂をコショウとしてビンにつめたりとか
ちょうどいいのを見つけるというのも楽しみのひとつ。

肉屋③クッキリ

さあ、今夜は唐揚げにする?
それとも、すき焼きにする?
やっぱり豚の生姜焼き?
見せると大抵の殿方がそろって
「うわっ。肉喰いてえ~!! \(^0^)/」と言うコメントをくれるので嬉しい。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。